室内ジャングルジムはいらないのか?購入検討中なら必見!やっぱり便利!

おすすめの知育玩具

こんなことを思っていませんか?

  • 室内ジャングルジムは必要なのか?
  • 購入したいが、後悔したくない
  • いらないと思った人の意見を知りたい

家の中でも身体を動かして遊べる室内ジャングルジムは、雨の日などでとても重宝します。しかし、どうしてもサイズは大きくなりますし、購入したもののすぐに飽きたらショックですので、購入して後悔したくないという人は多いと思います。後悔しないように、購入の前にいらないと思った人の意見を知ろうと情報収集している人もいるでしょう。

今回は室内ジャングルジムが必要か、いらないと思った人がなぜそう思ったのかを明らかにしていきます。

私も室内ジャングルジムの購入を検討していた時期がありました。かなり悩みました。色々調べてみると、いくつかのデメリットは対処が可能であることがわかったので、その方法もお伝えします。

この記事でわかること
  • 室内ジャングルジムを購入するメリット
  • 室内ジャングルジムのデメリットといらない理由
  • 室内ジャングルジムがいるのか、いらないのか?
  • 室内ジャングルジムのデメリットの対処方法

※本記事では、アフィリエイト広告提携しているサークルトイズの紹介もします

室内ジャングルジムのメリット:やはり雨の日は強い味方

まずは室内ジャングルジムのメリットをお伝えします。

メリットは以下が挙げられます。

室内ジャングルジムのメリット
  • 雨の日や猛暑で外出ができないときでも遊べる
  • 運動神経が身につく
  • 想像力を鍛えられる

やはり何と言っても雨の日などで外出が難しいときに家の中で思いっきり遊べるのが大きなメリットです。

我が家の場合、子供が外遊びが大好きで、雨だろうが関係なく、外に行きたいと言ってきます。なので、屋内で遊べる大型の遊具はとても重宝します。

また、ジャングルジムを通して得るものもあります。それが運動神経と想像力です。

必然的に身体の動かし方を鍛えられるので、自然と運動神経が身につきます。また、ジャングルジムに登るのはバランスをとる必要があるので、バランス感覚も鍛えることができます。

このあたりが、室内ジャングルジムを購入する大きなメリットでしょう。

実際に購入してよかったと感じている人も多くいます。

室内ジャングルジムがいらない理由

一方で、デメリットもあります。

結局このデメリットが室内ジャングルジムがいらないと言っている人の理由になります。

デメリット
  • 場所をとる
  • 組み立てが大変
  • 掃除がしにくい
  • 遊ばない、飽きる、対象年齢を超えたらただのゴミ
  • 処分がしにくい

当然、場所はとる

まずはやはり大型の遊具になるので、場所は取ります。これは室内ジャングルジムを購入するのであれば、ある程度覚悟は必要です。

2畳程度は占有するでしょう。高さもあるので、それなりに圧迫感があります。

物によっては折りたたむことができるジャングルジムもあるので、使わないときは折りたたんでしまっておくことで、解決できます。

組み立てが大変

大型の遊具となると組み立ても大変な場合があります。特に、女性一人で組み立てるとなると結構大変という意見もよく目にします。

組み立てるときは旦那さんにも手伝ってもらうなど、できる限り複数人で組み立てる方が良いでしょう。

掃除がしにくい

室内ジャングルジムの周辺は掃除機がかけにくいです。

ジャングルジムの下を掃除しようとすると、ジャングルジムを少し浮かすか、ジャングルジムをずらす必要があります。

女性が片手で持ち上げながら、片手で掃除機をかけるというのは大変ですし、なによりも面倒です。

ジャングルジムとしてもデメリットだけでなく、こうした日常生活にも若干影響が出てくるのが大型遊具のデメリットですね。

遊ばなかったり、飽きたり、対象年齢を超えたらただのゴミ

子供が楽しんでいる間はとても重宝しますが、飽きたり、子供が大きくなって対象年齢から外れた場合はただの大きなごみになってしまいます。

ただ、この場合は、それだけ遊んだと割り切るのも良いかもしれませんね。

一番怖いのは、買ったはいいけど子供が興味を示さず、遊ばなかったというパターン。これは最悪で全く買った意味がないという恐ろしいことになります。

処分がしにくい

処分をするときは少し注意が必要です。自治体によっても処分の仕方が変わってきますが、燃えないゴミとして出せるのか、粗大ごみになるのかによって、手間も廃棄費用も変わってくる場合があります。

ご自身の自治体のルールがどうなっているのかよく確認しておく必要がありますね。

だったら買わない方が良い?

場所をとったり、組み立てが大変、掃除がしにくいのは大型の遊具なので仕方がないとしても、遊ばない・飽きることがあったり、処分に困るのであれば、買わない方が良いのでしょうか?

でも、メリットを考えると、そんな簡単に諦められないですよね。

私も置くスペースさえ確保できるのであれば、子供の運動神経を鍛えるためにも活用した方が良いと考えています。

それに、やはり雨の時のメリットは私たち親の精神的メリットが大きいです。

遊ばない・飽きる、処分に困るというデメリットは、実は何とかなります。もし、この点で悩んでいるのであれば、サークルトイズを利用するのがおすすめです!

サークルトイズを利用するのがおすすめです!は大型遊具をサブスクでレンタルできるサービスです。

おもちゃのサブスクと言うとほとんどがジャングルジムのような大型遊具は取り扱っていないのですが、サークルトイズは大型遊具を主に取り扱っているサービスです。

ジャングルジムはもちろんですが、すべり台やトランポリン、ブランコなど様々な大型遊具を扱っています。

そのため、子供が遊ばなかったり、飽きたりしたら、簡単に交換ができますし、不要になったら返却するだけなので、処分する手間もありません。

取り扱っているおもちゃは、大型遊具だけでなく、バウンサー、ジャンパルーなどある特定の月齢時期だけ欲しいものや、プラレールやトミカなどのおもちゃ、ボーネルンドのクアドリラなどの知育玩具、地球儀やホームプラネタリウム、ドローンなんかもあり、幅広い年齢に対応できるおもちゃがそろっています。

一部分だけですが、この画像のようなおもちゃが借りれます。

1度に1つのおもちゃだけ借りることができ、返却すれば他のおもちゃも借りることができます。

子供が使うのでやはり傷や汚れがついてしまいますが、通常の使い方で着いた傷や汚れは弁償不要なので、安心して思いっきり遊べます。

また、借りる際も安全面と機能面で問題ないことを確認し、口にしても問題ない洗浄液を使ってクリーニングされたおもちゃが届くので、前の使用者の使い方を気にする必要もありません。

プランは安価な「バリュープラン」と送料無料の「プライムプラン」があります。バリュープランは月額3,980円(税込)で、プライムプランは月額9,980円(税込)です。

バリュープランの場合はおもちゃの送料が都度かかります。送料はおもちゃによって異なります。

月1回以上おもちゃを交換する可能性がある場合はプライムプラン、一度借りたらしばらくは借りたままという場合はバリュープランがおすすめです。

サークルトイズの残念なところは、対応エリアが限られていることです。しかし、順次拡大しており、現時点(2022年11月)では本州と四国に拡大しました。

バリュープランプライムプラン
月額3,980円9,980円
送料都度(商品サイズによる)無料
対象年齢特になし特になし
1度に借りれる数1点
(交換は無制限)
1点
(交換は無制限)
返却期限6ヶ月間6ヶ月間
交換時の返却返却後、新しいおもちゃの送付返却後、新しいおもちゃの送付
買取不可不可
破損の扱い通常使用の傷や汚れは弁償なし通常使用の傷や汚れは弁償なし

会員登録自体は無料で、会員登録後に契約プランを選択できるので、まずは無料の会員登録をしてみて、どんなおもちゃが借りれそうか、どういうシステムなのか見てみてみるのも良いと思います。

しかも、2023年1月31日までなら、バリュープランに契約で初月利用料無料で利用できます。さらに、別途実施している1周年感謝キャンペーンも適用されて翌月の利用料も50%オフで利用できます。まずはお試しに申し込んでみるのもアリだと思います。

2か月利用して、1,990円と2,000円行かない破格で利用できちゃいます。通常なら、7,960円ですよ!なんと75%オフです。

キャンペーンの詳細はこちらをご覧ください。

子供向け大型遊具レンタルのサブスク

他のサブスクについてはこちらでも紹介しています。ぜひこちらも読んでみてください。

モンテッソーリ教育はおもちゃのサブスクがおすすめ!なぜ?利用者が解説する有力5選!
モンテッソーリ教育ができるおもちゃのサブスクを探していたり、おもちゃのサブスクを活用してモンテッソーリ教育をさせたいと考えていませんか?このような思いに応えられるおもちゃのサブスクサービスをまとめました。子供にモンテッソーリ教育をさせたいなら必見です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました